総合旅行業務取扱管理者を通学で勉強!

専門学校に通って勉強する

総合旅行業務取扱管理者資格を取得するには、独学や通信教育のほかに、専門学校に通うという選択肢があります。
通学で学ぶ際のいい点と悪い点とは何でしょうか。

勉強する仲間ができる・講師に直接質問ができる

通学による学習のメリットは、通信教育や独学のように途中で挫折してしまう可能性が少ないことです。

他の学生たちと共に学ぶことができるため、試験に対するモチベーションを高めることもできますし、情報交換をして試験対策をすることもできます。何よりも分からないことがある場合に、講師に直接質問できるというメリットもあります。

カリキュラム通りで効率よい学習

総合旅行業務取扱管理者を通学で取得する場合の他のメリットは、試験の出題ポイントに合わせて、効率よく学習できるということです。

難易度の高い旅行約款に関する知識や、実務に関する知識をしっかりと学ぶことができます。講師陣も多くの合格者を輩出してきた実績があり、合格するためのノウハウを良く把握しています。試験に合格するための近道と言えるのが、専門学校への通学ということになります。

通学のデメリットは?

通信と独学に比べて、費用が高い

総合旅行業務取扱管理者資格を通学で取得する場合のデメリットは、独学や通信教育に比べて費用が高いことです。通信教育と比較しても2倍から3倍の学費がかかることもあります。

ただし旅行代理店へ就職した場合には、資格手当が支給されるため、学費の分を早い時期に取り戻すことができます。

決まった時間にしなければならない

もう一つのデメリットは、通学のための時間を割く必要があるということです。

お勤めの方であれば、通学の時間が取れないこともあるかもしれません。そのような場合には、通学以外の他の選択肢を選ぶことになるでしょう。

TOPページへ戻る


旅行業務取扱管理者試験について参考になるサイトはコチラから≫