総合旅行業務取扱管理者を通信教育で勉強!

通信教育は効率よく、価格は安くが魅力

総合旅行業務取扱管理者資格を、通信教育で取得したいと思っている人も少なくありません。旅行業界への転職に役立つ資格として人気が高く、通信教育でも同様の傾向が見られます。

通信教育は自宅にいながら勉強を効率良く進めていくことができるため、お勤めの方でも無理をせず、実力を身に着けていくことができます。費用は専門学校への通学に比べて安く、お勤めの方でも無理なく支払える費用が魅力です。

通信教育を選択する上でのポイント

総合旅行業務取扱管理者講座を選ぶ際には教材の内容だけでなく、下記の3点もしっかりチェックしておきましょう。

1.資料請求で講座内容

まず資料請求を行なって、どのような教材が含まれているかを確認してください。大切なのは、自分にとってわかりやすい講座なのかどうかという点です。他の人の評価を参考にすることもできますが、試験対策を効率よく進めていくためには、自分に合った教材を探すことが必要です。

2.合格実績が高い

合格実績も事前によく調査しておくとよいでしょう。多くの合格者を出しているという事実は、実力を養うのに最適な教材であることを示しています。

3.サポートやアフターフォローが充実

通信教育を選択する際には、テキストや合格率に加えて質問があった場合のサポート体制についても確かめるようにしましょう。

教材が送られてくるだけの一方通行な通信教育では、適切な実力を身に着けることはまずできません。分からないことがある場合には、質問ができる体制が構築されている必要があります。フィードバックがあるかどうかについても、調べておくようにしてください。


その他に模擬試験が受けられるタイプの講座を選択するのもいいでしょう。

模擬試験は過去問題集を参考に作成されていますので、自分の実力を確実に試すことができます。

次のページへ


旅行業務取扱管理者試験について参考になるサイトはコチラから≫