総合旅行業務取扱管理者を独学で勉強!~テキストの選び方~

まずは自分に合ったテキストを選ぶ!

総合旅行業務取扱管理者試験に合格するためには、まずテキスト選びが重要です。

独学の場合は市販のテキストを購入することになりますが、選ぶ際のポイントは要点が分かりやすくまとめられていて、覚える必要のあるポイントを見つけやすいかどうかという点です。

テキストを購入する際には、できれば2~3冊にしておくことをおすすめします。テキストを幾つも購入したとしても、目を通すことになるのは数冊になってしまうからです。また、購入の際には値段で判断しないようにしてください。

総合旅行業務取扱者研修テキストがおすすめ

もし旅行代理店に勤務しておられる方であれば、総合旅行業務取扱者研修テキストを入手できるかどうか、同僚に尋ねてみることをおすすめします。

旅行代理店では総合旅行業務取扱管理者を配置することが義務付けられていますから、所定の研修を受ける必要があり、研修テキストを持っている人が必ずいるはずです。代理店によっては、だれもが閲覧できるように店舗内に配置している場合もありますので、確認してみると良いでしょう。

そして総合旅行業務取扱者研修テキストを借りることができる場合には、市販のテキストは購入する必要はありません。試験の出題内容がほぼすべて網羅されていますから、効率よく学習することができます。こうしたテキストの監修は、試験を主催する一般社団法人日本旅行業協会が行なっていますから安心です。

もし旅行代理店に勤務していない場合には、友人や知人でこのテキストを持っている人がいないかどうか、探してみると良いでしょう。

次のページへ


旅行業務取扱管理者試験について参考になるサイトはコチラから≫